京都市洛西ふれあいの里授産園 新製品と作品の窯出し

投稿日 2021年8月23日

新たな試みとして利用者さんに作ってもらった器で、利用者さん自身で絵付けと

釉薬がけを行っていただき、職員と共に窯入れまでしてみました。また2日後、上手く焼き

あがっているのかとドキドキしながら利用者さんと一緒に窯出しも行いました。

割れもなく綺麗に発色をしていて皆さん大喜びでした。

最後の写真は、心優しい利用者さんが肌や髪の色の違いで様々な人種を表現され、

年齢や性別の異なるお人形に多様性を意味する『ダイバーシティ』の文字を刻まれ、

社会で共存する様子が表現されています。芸術祭への出品に意気込んでおられます。