京都市桂授産園 京鹿の子絞り~疋田絞り~

投稿日 2019年3月28日

来年度から本格的に始める新規作業として、

京都の伝統工芸の一つである、「京鹿の子絞り」の技法、“疋田絞り”を現在練習中です。

 

昨年の2月から体験会に参加したのを皮切りに、少しずつ広がってきました。今日はその風景を紹介します。

木製の絞り台に専用の針を設置して、その針に布地を引っ掛け、生地を折り、綿糸で3回括っていきます。

機械をつける場所も机の端でなければ上手くつけられないため、大きな男性が二人並んで小さく作業をしています。

とても器用で、こんなに小さく絞ります。

今はこの点の場所を絞って糸がとれないように続けていくことが目標です。

とても根気のいる作業ですが、物を作ることの楽しさも感じられる取組になればいいなと考えています。