就労移行支援事業所 京都市桂授産園 忘れないよ。

投稿日 2020年3月31日

定着支援のため、OBさんの就職した企業を訪問した時の画像です。

 

昨年12月中頃、昼休憩時の訪問となり、何気なくカメラを向けたところ、「もう、恥ずかしいからいいですよ。」って感じで照れてる、、、、、、そんな雰囲気でした。小一時間、彼と話し、彼の上司にご挨拶して「次年度からフルタイム雇用で。」という良い評価をいただき会社を後にしました。彼に会うのがこれで最後になるとも知らずに(この日の十日後、彼は逝ってしまいます。)、、、、、

彼が桂授産園に通所を始めたのは三年前になります。初めて就職した会社での就労継続が困難になって就労移行支援事業所で経験を積んで、次の就職に繋げたいとのことでした。彼は真面目な見た目ですが、面白いことが大好きで時には悪ノリが過ぎるお茶目な一面も伺える人でした。二年間、彼を担当させてもらい、彼とともに経験した就職に至るまでのプロセスを思い返してみて、支援者として本当に大きなものを得たと感じています。彼自身、一度目の就職での挫折に心を痛めていたのですが、縁あって良い会社に巡り合い、彼のことを理解し導いてくれる上司にも恵まれ、社内での人間関係も広がりこれからという時に、、、今、痛感しているのは、就職するという目標を達成するために支援者として彼に無理をさせてしまったのではないか?ということです、、、もしそうなら、Nくん本当にごめんなさい。

仕事を終え帰宅途中の彼を何度も見かけたことがあります。センスの良い服装で颯爽と歩いている姿を思い返すとどこかでバッタリ出くわす気がしています。痛感した思いも含め、Nくん、君のこと忘れないよ、これからもずっと。

(ブログ掲載、画像の使用については、お母さまの許可をいただきました。)