研修センター 『ケアの技術と倫理』が出版されました

投稿日 2020年2月26日

本年1月、小池清廉先生(ふれあいの里診療所所長)の著書

『ケアの技術と倫理』(晃洋書房)が出版されました。

 

チームとして「ケア」に取り組む。

なぜ福祉の現場で虐待事件が起きるのだろうか。

どうずれば虐待を防げるのだろうか。

このような問題の解決糸口をケアの技術向上に見出し、

ケアに携わる職員がチームとして日常的に取り組むべき

方法とその意義についてまとめた、福祉を学ぶ方・

現場で支援する方のための一冊です。

 

京都総合福祉協会のこれまでの取組も掲載して

いただいております。