京都市児童療育センター「きらきら園」

画像を拡大表示します

次のことがらを大切にして、通園による早期療育・発達支援を行っています。
★ ひとりひとりの子どもに視点をあて、どの子も “きらきら輝く”療育をめざします。
★ 子どもたちは、主にグループの中で、友だちと一緒に活動を積み重ねながら、ともに育ちあうことを大切にします。
★ 保護者とともに子どもたちの発達や状態を捉え、必要な関わりができるよう援助していきます。
所在地 〒612-0029
京都府京都市伏見区深草西浦町6-65
地図を見る
お問合せ tel (075)646-3818 fax(075)647-2656 メールアドレス kirakira@sogofukushi.jp
サービス実施区域 京都市内
京都市児童療育センター「きらきら園」

事業概要

事業方針 1)子どもの心に寄り添い、一人ひとりの発達に合わせたきめ細かい療育に取り組みます。そして、自然や人とのふれあいのなかで遊びや生活が豊かに経験できるように“子どもとしての育ち”を大切にした療育を行い、子どもが主体的に生活していけることをめざします。
2)保護者の思いに共感し、共に考え、きめ細かな保護者支援を行います。
3)関係機関、地域と連携をとりながら、障害のある子どもや家族が地域の中であたりまえに生活していける地域づくりを目指ます。
対象 こころやからだの発達、ことばの発達に弱さや遅れがみられる就学前の子ども
定員 きらきら園 40名/日 あおぞら教室 概ね40人
開所日 月曜日〜金曜日 8時40分〜17時40分
土曜日(月2回)  8時40分〜12時40分
事業内容 [児童発達支援=親子通園、併行通園] 
 年齢や障害、発達段階を考慮したグループを編成し、集団による遊びを中心とした療育を実施します。保育や心理の視点を基本に置きつつ、言語聴覚士、作業療法士などの専門的視点も生かして総合的に発達や障害の状況を把握して療育をすすめます。 親子分離による療育を基本としています。また、保護者支援として、保護者グループでの話し合いや、情報提供などを行います。
[あおぞら教室]
特に、ことばやコミュニケーションの発達に支援の必要な子どもを対象に、一人ひとりの課題に合わせて個別に療育を行います。言語聴覚士が専門性を生かして療育をすすめます。
職員体制
()内は常勤換算
管理者: 1(1)
児童発達支援管理責任者: 1(1)
児童指導員及び保育士: 12
言語聴覚士: 4(4)
作業療法士: 1(1)
栄養士: 1(0.3)
調理員: 1(0.8)
事務職員: 2(2)
(委託)運転手: 2
苦情解決責任者 川西 智子(園長)
苦情受付担当者 高橋聡、佐々木明子、竹井待子

特色

 

プログラム

親子通園 (週3回)

マイクロ2キャラバン2

9:50 登園、自由遊び、あつまり(手あそび等)
10:30 設定遊び(園庭、プール、室内遊びなど)(保護者グループの話し合い)
1-12-1
11:15 給食準備

 

4-13-1給食

お昼寝

13:45 降園

*遠足・家族参観・クリスマス会などの行事も実施します。

併行通園・プレ通園(週1回)

午前グループ
9:30 登園、自由遊び
9:45 あつまり、設定遊び(保護者グループの話し合い)

 

6-15-1

11:00 給食準備、給食
12:00 降園
午後グループ
14:00 登園、自由遊び
14:15 あつまり、設定遊び(保護者グループの話し合い)

 

7-18-1

15:30 おやつ
16:00 降園

 

あおぞら教室(月2回)

1回 45分

療育のようす

療育1-1 療育2-1 療育3-1 療育4-1

行事のようす(親子通園)

行事1-1 行事2-1  行事5-1 行事3-1 行事4-1

京都市児童療育センター「きらきら園」の地図

34.9576082,135.76602100000002,京都市児童療育センター「きらきら園」,〒612-0029 京都府京都市伏見区深草西浦町6-65,,,18