京都市児童療育センター「きらきら園」 講演会を行いました☆

投稿日 2018年12月27日

きらきら園では、保護者支援として、毎年、外部から講師の先生をお招きし、講演会を行っています。

今年度は、9月から11月にかけて、3人の講師の方をお招きし、お話をして頂きました。

参加者は、保護者の方だけではなく、併行通園先の保育園や幼稚園の先生方、当法人他事業所の職員の方も参加をされました。

 

①9月6日(木)

龍谷大学 社会学部  教授 白石 正久氏

「発達について」

 

②10月3日(水)

NPO法人 福祉広場 理事長 池添 素氏

「就学に向けて」

 

③11月13日(火)

神戸大学 発達科学部  教授 木下 孝司氏

「集団生活について」

 

どの講演会でも、「講師の方のお話を聴くことができて良かった」「子育てについて、いろいろ悩んでいることがあるが、質問することができて良かった」などの感想がありました。

また、きらきら園の職員も、貴重なお話を聴かせて頂くことができたと同時に、参加された保護者の方や、併行通園先の保育園・幼稚園の先生方が、普段から抱えている思いをしっかりと受けとめ、療育に携わる職員として、何を大切にしていくのか・・・ということを、考え直すきっかけになったと思います。

今後も、このような取り組みを継続し、職員で話し合いをしながら、療育に活かしていこうと思っています。

3人の先生方、本当にありがとうございました。