児童発達支援「ポッポ」

『ポッポ』は、発達や言葉の弱さや遅れがみられる就学前の子どもと家族を対象に、集団や個別での相談・療育を行っています。
親子で一緒に通園していただき、子どもさんの療育と並行して保護者の方にはグループでの話し合いの場を設け、療育と保護者支援を通じて家族の子育てを支援します。
昭和47年に障害児母子通園事業(『ポッポ教室』)として開園してから現在(H24年度末)までに、約650名の卒園児を送り出し、今日の『児童発達支援センターポッポ』に至っています。
所在地 〒606-0846
京都市左京区下鴨北野々神町26 北山ふれあいセンター 2階
地図を見る
お問合せ tel 075-702-3699
サービス実施区域 左京区・北区を中心とする京都市内全域

児童発達支援「ポッポ」の最新ブログ

ブログ一覧

児童発達支援「ポッポ」

事業概要

事業方針 ①育ちがゆっくりだったり発達に心配のある子どもや、障害のある子どもたちに療育を提供し、成長・発達を支援していきます。子ども集団の中での育ちあいを大切にして、豊かな人間関係を培う療育を行います。
②保護者に対し、障害や子育てについての必要な知識や情報を提供するとともに、保護者同士が語り合える場をつくることを通して、家族の子育てを支援します。
③子ども達や保護者を取り巻くいろいろな関係機関、地域との連携をとりながら支援することを目指します。また、相談機関として機能し、地域のネットワークづくりを目指します。
対象 親子通園グループ:0歳〜6歳の未就園の子どもさんと保護者 併行通園グループ:0歳〜6歳の保育園・幼稚園に在籍している子どもさんと保護者
定員 25名(1日)
開所日 ・月曜日〜金曜日 午前9時〜午後4時30分
・土曜日 午前9時45〜午後12時30分
(但し、行事により日曜日開園することもあります)
事業内容 ①子どもの療育 
【グループ療育・親子療育】
*通常は親子分離を基本としていますが、同室の時間や親子で遊ぶ日も設けています。
*年齢や発達の様子を考慮してグループを構成し、集団による遊びと生活場面を通したいろいろな経験の中で、一人ひとりがのびのびと力を発揮して成長していくことを大事にしています。

②個別支援
【言語・コミュニケーション発達評価 】
言語聴覚士が、検査を通して子どもの言語表出や理解面の育ちの様子をとらえ、日常の言葉かけやコミュニケーションに関する留意点・工夫などを明らかにします。
*保護者の希望に応じて実施しています。(在園児のみ、1回1時間。原則として年1回)
*結果は他の職員とも共有し、グループ療育での支援にも活かしています。

③保護者支援
【お母さんグループ】
*担当職員を交えたグループでの話し合いを基本としています。また親子療育、学習会、個人面談、施設見学や家族参観日なども設けています。
*家庭や療育の中の子どもの様子を保護者の方と確認しあい共通理解を進めることを通して、保護者が子どもの状態をとらえ、まるごとの姿を受け止めながら安定した子育てができるように支援します。
*また保護者がひとりで悩むことがないよう、保護者同士が互いに経験や悩みを出し合い、一緒に考えていくことができるよう援助します。
*そして、子どもの育ちの様子を保護者と確認しあい、次の進路を一緒に考えていきます。

【父母の会活動】
*保護者の自主活動を通じて、保護者同士の交流・親睦を深めています。

④行事 
入園のつどい(4月)、家族参観(秋)、北山ふれあいセンターまつり(11月)、クリスマス会(12月)、お別れ会(3月)、 など

⑤他機関との連携
*発達相談所をはじめとして保健所・福祉事務所・医療機関などの関係機関と、必要に応じて保護者の了解を得たうえで連携をとり、協力しながら支援を進めています。
*同じく、保育園や幼稚園などの併行通園先、通園施設や学校などの進路先との連携も大切に取り組んでいます。
職員体制
()内は常勤換算
管理者: 1(1)
児童発達支援管理責任者: 1(1)
児童指導員及び保育士: 5(5)
医師(嘱託医): 1
言語聴覚士: 1(1)
作業療法士: 1(1)
栄養士: 1(0.15)
事務職員: 1(0.5)
(委託)運転手: 1
苦情解決責任者 福井 佐知子(園長)
苦情受付担当者

特色

一日の流れ

親子通園グループ(未就園児)

12:30保護者のお迎え・遊びの報告

9:30 送迎車でお出迎え
10:00 登園・自由遊び
10:10 体操・朝のおあつまり親子分離

(子ども)設定遊び

(保護者)保護者グループ

poppo09poppo08poppo06poppo07

11:20 排泄・手洗い・給食
12:50 降園・送迎車出発

併行通園グループ(保育園・幼稚園在籍児)

午前グループ(※主として年少児まで)
9:30 登園・自由遊び
9:45 体操・朝のおあつまり
10:00 親子分離(子ども)設定遊び

(保護者)保護者グループ

poppo03poppo04poppo05poppo10

11:00 排泄・手洗い・給食poppo11poppo12
11:50 保護者のお迎え・遊びの報告
12:10 降園
午後グループ(※主として年中、年長児)
14:00 登園・自由遊び
14:10 体操・おあつまり親子分離

(子ども)設定遊び・おやつ

(保護者)保護者グループ

poppo15poppo16poppo17poppo18

15:50 保護者のお迎え
16:00 降園

行事の様子

入園のつどい

ちょっと緊張しながら出席カードを受け取ります。

親子合同遠足

宝ヶ池こどもの楽園でたっぷりお水遊び☆

北山ふれあいセンターまつり

クリスマス会

初めてのサンタさんとの出会い!

一緒に遊んでプレゼントをもらいました。

その他の設備

園庭

プール

保護者ルーム

こどもトイレ

給食献立例

ポッポでは『食事も療育の一環』として位置付け、ひとりひとりの子どもの咀嚼や嚥下の状況に合わせて、素材の形態(硬さや大きさ)を変えることや、食事道具や椅子の工夫をしています。また、給食を食べることに抵抗がある子どもたちを含め、ひとりひとりの様子を見ながら、楽しい雰囲気の中で、周囲の大人やお友だちが食べる様子にも関心を持ち、自分から『食べたい』という気持ちを高めていけるよう働きかけています。

食材は、なるべく農薬や添加物を使わない国産のものを用いています。主食となる米には栄養価の高い胚芽米を用いています。また遺伝子組み替えされた食品は使用せず、安全性にも配慮しています。

通常メニュー ご飯にみそ汁、主菜、副菜とバランスの良い献立です。
行事メニュー ひな祭りやクリスマスなど行事の日の給食は、行事にちなんだ楽しい献立になります。

児童発達支援「ポッポ」の地図

35.0517517,135.7714396,児童発達支援「ポッポ」,〒606-0846 京都市左京区下鴨北野々神町26 北山ふれあいセンター 2階,,,18