京都総合福祉協会 第1回内定者交流会

第1回内定者交流会を紫野障害者授産所にて、

8月29日(木)に開催しました。

カフェを貸し切って、

まずは


初めは、少しお互い緊張気味でしたが・・・

名前・学校名と趣味や特技を交えて自己紹介

 

続いて、事業所内の見学へ

*就労移行B型事業所 さくさく工房*

みやげのお菓子の箱折り等の下請け作業と

クッキー・パウンドケーキ等の製菓の様子を

見せてもらいました。

 

 

*生活介護事業 菜の花*

  

ここでは、プログラム『9月カレンダーの作成』に一緒に参加しました。

ご利用者の指導の下、芸術的な作品ができました。

 

菜の花で描かれた作品が、

Tシャツやバッチ等ステキな商品となって、

さくさく工房のカフェ内にて販売されています。

 

 

最後は、紫野障害者授産所に配属されている15年の中堅職員と

2年の若手職員との座談会

さくさく工房で作られているパウンドケーキと飲み物で、

ほっこりしながら・・・

  

と思っていたのですが、

皆さん真剣な眼差しで、就職してから今までの体験談や

現在の業務内容、1日の流れ等に耳を傾けていました。

内定者からは、『実際に働いた後のことまで具体的に

イメージを持てる機会となりました』との感想をもらいました!

 

次回は、洛西ふれあいの里にて見学・職員との交流会を10月初旬頃で

予定しています!