京都市洛西ふれあいの里療護園 12月の療護園

投稿日 2022年1月6日

年が明けてしまいましたが、12月に療護園で行われましたイベントの様子をお伝えいたします。

これまで12月といえばクリスマス会やご家族をお招きして鍋を囲んだ盛大な忘年会を開催しておりましたが、近年のコロナ禍の影響で今年も残念ながら見送ることになりました。その代わりに小規模ながらもクリスマス会と忘年会を合同にして、職員の出し物とクリスマスランチを楽しんでいただきました。

ランチはローストチキン、ビーフシチュー、サーモンサラダなどに大きなクリスマスケーキがついてボリューム満点でした。

食後には療護園恒例の新任職員による出し物が行われました。男性職員が”二人羽織”にてシュークリームを食べ、口の周りにクリームをたっぷり付けたり、あつあつ?なきつねうどんを顔中のあちこちでほおばる姿に皆さん大ウケでした。前後の職員が入れ替わり化粧をして女装する事になり、チークや口紅でちゃんと厚化粧をしてカツラをかぶり出来上がり、完成した姿に「きれいよー!」と歓声がたくさん飛んでいました。

息の合った2人の男性職員と実況アナウンスの木村施設長とで利用者を魅了した楽しいショータイムで2021年の少し沈んだ世間の空気を吹っ飛ばし、新しい良い年を迎えられることと思われます。