鷹峯居宅支援センター ヘルパー研修報告(2019年2月度)~成年後見制度について

投稿日 2020年3月31日

世間ではコロナウイルスの蔓延で終わりの見えない騒々しい日々が続いていますが、それでも桜は見ごろとなり、春の訪れを感じられるようになってきました。

さて、2019年度2月に実施したヘルパー研修・会議の様子を報告します。

 

「成年後見人制度について』 2020年2月6日(木)9:30-11:30 北山ふれあいセンターにて 参加人数28人

 

京都市長寿すこやかセンター、永田潤平氏に来ていただき

成年後見人制度について学びました。

成年後見人制度はあまり耳にすることのない言葉かも

しれませんが、研修を通してこの制度の大切さを学ぶこと

ができました。

契約社会で生活している中で、障害を持った方(知的障害

・精神障害)や高齢になられた方(認知症)など、判断が

難しくなった方が結んだ契約等について不利益が生じた際に、本人の法的保護を図り、権利を擁護する

仕組みです。

ご利用者の生活を守っていくためにも、まだまだ学んでいかなければならないことが沢山あると痛感

した一日でした。

 

次回のヘルパー研修は4月を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの感染予防のため、お休みさせていただきます。

研修に関するお問い合わせは「鷹峯居宅支援センター075-494-1737 清水、中島、川田まで」(中島)